この1ヶ月くらいひたすらローソク足のチャートを見ていた。
そしたら値動きのクセというか、そんな感じの物が少しわかってきた気がする。

素のチャートである。
インジケーターは1つも入れずローソク足だけ。

前は、マルチタイムフレーム分析してた(つもり)けれど。
日足→4時間足→1時間足→15分足って。
週足は週1回見る感じで。

でもこんなにチャートを切り替えてみても勝てなくて、むしろ混乱してたから今は日足と15分足だけ見るようにした。

そしたら成績がよくなった。
私にはたくさんの時間足を見るよりも日足をさらっと見て、15分足をじっくり見る方が良い結果につながることが分かった。

思考停止でFXの本や商材に書いてあることを鵜呑みにしてやっていてはダメなんだな、自分の頭で考えなくちゃな、と分かった。

それにFXは上か下か、どちらかに動くだけなのだ。
もっとシンプルに考えてよいのだ、と気づけたことがこの1ヶ月の学びだろうか。

利確はどこですべきなのか?

今の課題はこれだろうか。
どこまで伸びるか分からない。

損小利大にするためにはできるだけ粘って利益額を増やすべきなのだろうけれど、我慢しすぎてもスルスル戻ってきて含み益を減らしてしまう。

何度も止まっているところで利確が確実な気もするが、15分足のその地点だとそんなにpipsが獲れない気がする。

かと言って、上位足の止まっているところまで伸びるかは分からない。
利確はまだ試行錯誤している。

損切

損切はスパッとした方が良い。
それは誰でも知っていること。

でもなかなか出来ないよねー(>_<)

負けは資産を増やすための経費なのだ。
お金を増やしていくためには、この経費が必ず必要。
FXだけでなく、他のビジネスも一緒だよね。

損切しなくても戻ってきてくれる時もあるけれど、もしそのまま伸びて行っちゃったら全額吹っ飛ばしちゃう😭😭
そしたらメンタル崩壊。
復活困難。

なので、自分への戒めも込めて「損切は必ずしよう」って書いておく。

エントリーは根拠のあるところで

私もポジポジ病気味だから偉そうなことは書けないけれど、チャート見たらもうエントリーせずにはいられない!って言うのは止めよう。

まず損切位置と利確位置を定めて、ここなら優位性のあるトレードだなってところだけでエントリーするのが勝率を高めて、お金を増やしていくポイント。

すると、今までよりはエントリー回数は減るだろうけれど、メンタルの負担も少なくお金を増やしていけるはず。

絶好のエントリーチャンスを待てることもFXで勝ち続けるために必要なスキルです😄😄

投稿者 admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA